投資情報

■■システムトレード日本株投資戦略情報(2013年6月27日)■■

▼無料メールマガジンのご案内▼
http://kabu-systemtrade.com/systemtrade_mail/index.html

from 平山修司 
東京オフィス


本日の株式市場は、中国の上海総合指数が前日と
ほぼ変わらない水準で推移した安心感と、

前日のNY市場が約150ドル高と好調であったことを好感し
日経平均株価は大きく上昇しました。


しかし、一方で、東証マザーズは寄り付き後から
午前10時頃までの1時間で10%以上も下落し、

引けには、プラスに転じるような、大きく荒れた相場展開となりました。

 

東証マザーズなど新興市場の荒れた展開の中心にあったのは、
昨日に引き続きバイオ関連銘柄です。

 

今日の特徴的な動きをしていたのは、

キャンパス(4575)
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576)

などが挙げられるでしょう。


昨日は、ほとんどのバイオ関連銘柄が下落していましたが、
今日の株式市場では、以上のような一部のバイオ関連銘柄が上昇しました。


特に、明日から来週に掛けて、
バイオ関連銘柄の動向を大きく左右すると思われる銘柄として、

26日に上場したリプロセル(4978)の株価動向が挙げられます。

 

リプロセルは公募価格3,200円で26日に上場しましたが、
今日も初値が付かず、17,510円で買い気配のまま終了しています。


明日から来週に掛けて、初値が形成されると思われますが、

リプロセルの株価が大きく上昇すれば、バイオ関連銘柄に資金が流入し、
バイオ関連銘柄は大きく上昇する可能性があります。


しかし、リプロセルの株価が大きく下落すれば、バイオ関連銘柄も売られ込み、
新興市場が26日のように大幅下落する可能性もあります。

 

以前よりお伝えしている中国の金融市場の動向に加え、

短期的には、リプロセル(4978)の株価動向によっては、
株式市場、特に新興市場に悪影響を与える可能性があります。

 

今日の株式市場は反発しているため、
強気に傾きつつある投資家の方もいるかと思います。


しかし、以上のように株式市場が大幅に下落する要因は
まだ、潜在的にあるため、引き続き、逆張りの心の準備をしておくと良いでしょう。

 

 

■本日の株式市況

日経平均株価 13,213円55銭         前日比379円54銭
米国ダウ指数 14,910.14ドル        前日比+149.83ドル
為替      98.26円/ドル         前日比0.81円・円安
外資系証券寄付前注文動向         420万株の買い越し
上昇トレンド判定指数(株価位置200日の銘柄数)  192
下落トレンド判定指数(斉藤式逆張り銘柄数)  9


上昇トレンド指数:株価位置(200日)80%以上の銘柄数が500以上で上昇トレンドと判断
下落トレンド指数:斉藤式逆張り銘柄数が100以上で暴落と判断

 


======================================================================
○有価証券等に係るリスク○
投資顧問契約により助言する有価証券についてのリスクは、以下のとおりです。

1.株式

【株価変動リスク】
株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する
外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあり
ます。

【株式発行者の信用リスク】
市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する
外部評価の変化等により売買に支障を来たし、
換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込
むことがあります。

2.信用取引等

 信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保
として、
証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた
損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
信用取引の対象となっている株式等の発行者又は保証会社等の経営・財務状況の変化
及びそれらに関する外部評価の変化等により、信用取引の対象となっている
株式等の価格が変動し、委託証拠金を割り込むこと、
又、損失の額が委託証拠金の額を上回ることがあります。

3.投資判断
当社の投資助言や提供情報はお客様の利益を保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴い、場合によっては投資元本を割り込み、
その全額を失うおそれがあります。投資にあたっての最終判断はご自身のご判断
でお願い致します。
======================================================================

ページの先頭へ